マイサイト
●いろは綜合法律事務所
大阪府柏原市を中心に、
八尾市・羽曳野市・藤井寺市・松原市、
富田林市・香芝市・王寺町などの
地域の法的なお困り事をカバーする、
敷居の低い弁護士事務所です。

○八尾・柏原 債務整理サイト
大阪府柏原市を中心に、
八尾市・羽曳野市・藤井寺市・松原市、
富田林市・香芝市・王寺町などでの
過払い金請求、借金問題、自己破産、
個人再生のご相談を承っております。

○八尾・柏原 交通事故サイト
大阪府柏原市を中心に、
八尾市・羽曳野市・藤井寺市・松原市、
富田林市・香芝市・王寺町などでの
交通事故、示談、後遺症の
ご相談を承っております。

○八尾・柏原 遺言・相続サイト
大阪府柏原市を中心に、
八尾市・羽曳野市・藤井寺市・松原市、
富田林市・香芝市・王寺町などでの
遺産相続・相続放棄・遺言書作成・
後見人制度のご相談を承っております。

○八尾・柏原 離婚・慰謝料サイト
大阪府柏原市を中心に、
八尾市・羽曳野市・藤井寺市・松原市、
富田林市・香芝市・王寺町などでの
離婚調停・慰謝料・養育費請求・
財産分与のご相談を承っております。

○八尾・柏原 中小企業向けサイト
大阪府柏原市を中心に、
八尾市・羽曳野市・藤井寺市・松原市、
富田林市・香芝市・王寺町で
事業を営む、経営者の方からの
法律トラブル相談を承っております。
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
qrcode
Search this site
大阪府柏原市の弁護士の役に立つ情報等「いろは」な日々。
<< 柏原市の遺留分相談 | TOP | 遺産分割と成年後見 >>
遺言の種類
今回は、遺言の種類についてご説明いたします。

遺言書には「自筆証言遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。
それぞれ作成方法などは異なりますが、法的に強い効力を持つことは同じです。

1 自筆証書遺言

自筆証言遺言とは、遺言の全文を自筆で書くことです。パソコンやワープロの使用は禁止です。
費用が掛からない、証人が不要なので内容を秘密にできる、などのメリットがありますが、
法律の定めに違反していたり、内容があいまいな場合には遺言が無効になる場合があります。
また、偽造されやすい、隠匿や紛失のリスクも少なくない、といったデメリットがあります。
自筆証書遺言は、必ず家庭裁判所で検認を受けなければなりません。

2 公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証役場で公証人が遺言者から内容を聞き取り、作成する遺言書のことです。
形式面で遺言が無効になることや、偽造の恐れもなく、相続開始の際に家庭裁判所の検認も要りません。
また、原本を公証人役場で保管するので紛失しても再発行してもらえます。
ただし、その作成手数料は遺産額が大きくなればその分手数料も上がる仕組みです。
作成の際には、証人が2人必要になります。未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者、
及び直系血族は、証人になることはできません。また、公証人の配偶者、四親等内の親族、
書記及び雇用人も同様に証人にはなれません。

3 秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、遺言の「内容」を秘密にして、遺言の「存在」のみを公証役場で証明してもらうことです。
本人のサイン、捺印があればパソコン、ワープロの使用も認められています。なお、公証人は遺言の「内容」まで
確認をするわけではないので、遺言としての不備があれば無効となってしまう危険性もあります。
また、保管は自ら行うため、紛失・盗難が発生する可能性があります。
自筆証書遺言と同じように、家庭裁判所で検認を受けなければなりません。
この方式は、自筆証書遺言や公正証書遺言に比べて圧倒的に少ないです。
手続きが煩雑な割に、公正証書遺言のような確実性がないためです。
どうしても遺言の内容を秘密にしたい場合以外は選択しない方法です。手数料は定額で11,000円です。

この3つの中では、無効になるリスクが低いこと及び紛失の恐れがないことから、公正証書遺言がお薦めです。

八尾市の遺言作成のご相談は柏原の弁護士へ  いろは綜合法律事務所

 
http://iroha-law.com/

posted by いろは | 15:06 | 遺産相続 | comments(0) | - |
コメント
コメントする